お問い合わせ・ご相談はお気軽に
  • HOME
  • サービスのご案内
  • お片付け事例&お客様の声
  • セミナー情報
  • よくあるご質問
  • 小宮真理について
  • お片付けコラム

掃除のためでなくインテリアとして

掃除のためでなくインテリアとして整理整頓されていないと掃除がしづらい、だけど掃除自体も苦手・・・という方!

収納などはただ見た目を綺麗にするためだけにあるのではありません。

沢山の工夫により、生活がより楽しめるものになるのです。

たとえば、大きな棚を作ったとします。

家族でその棚のどこを使うか、それぞれで決めあいます。

そして、決まった場所を自分の好きなように物を置いていくのです。

するとどうでしょう?想像できるでしょうか。

その棚には家族一人ひとりの空間が広がるのです。

お父さんの趣味が写真を撮ることで、カメラや写真が飾ってあるところ。

お母さんの好きな小物が飾ってあるところ。

もし小さなお子さんがいれば、紙粘土などで置物をつくってもらって飾るのもいいですね。

そして、そういう置物なんかを置く場所の下などに、家族それぞれが読んでいる雑誌を収納していきます。

その上からは少し華やかな布などで、雑誌自体は見えないように隠すなどでもいいでしょう。

すると、ぱっと見ただけでは家族それぞれの空間が広がっている棚にしか見えません。

ですが本当は、その中にもキチンと収納の機能が果たされていますし、何より皆さんが楽しめる場所ができますね。

このように、楽しみながら収納をおこない、一つのインテリアとするというのも大切だと思います。

工夫次第でいくらでも面白いものになるので、家族特有の何かを見つけてみるのもいいでしょう。

逆に一人暮らしの人ならば、自分の好みをふんだんに詰め込んでみてはいかがでしょうか?

掃除や整理は大変!というイメージを捨てて、楽しんで収納を行ってみましょう。

そのうち自分のこだわりが出てきて、いつのまにか部屋中収納スペースがところどころに生まれていくかもしれませんね。

セミナー開催情報






Photo Album

“整理収納士”小宮真理ホーム

お問い合わせはお気軽に

Copyright 2013 整理収納士 小宮真理 All rights reserved.

ページTOPへ