お問い合わせ・ご相談はお気軽に
  • HOME
  • サービスのご案内
  • お片付け事例&お客様の声
  • セミナー情報
  • よくあるご質問
  • 小宮真理について
  • お片付けコラム

年賀状が手放せないワケ

早いもので、1月も終わりに近づいてきましたね。

そして、年賀状の当選番号も発表されましたね。

皆さん、当たりましたか?

我が家は3等の切手シートが3枚当たりました!(他の商品にあたった試しがない・・・) 

ので、今日は、時期的にタイムリーな年賀状のことを書きたいと思います。

スバリ!年賀状が手放せないワケ です。

 

突然ですが、皆さん、「年賀状は何年分とっていますか?」

じつはこの質問、セミナーでよく聞いています。

で、やっぱり多いのが3~4年。

次が5~6年。

その次が1~2年。

そして、なかなかおしゃらない方にお聞きしてみると、恥ずかしそうに「10年ですかね~。」っと。

でも、私の経験上、皆さん、おしゃった年数より×2倍取っていらしゃる方が多いです!!

「あれ~そんなに持っていたかな・・・」って。

そんなものなのです。(苦笑)

だからって、「じゃ~それでいいんじゃないの!」で終わっちゃダメですよ!

ではなぜ、私たちは 『年賀状は手放せない』 のでしょう???

 

写真が載ってるから・・・

相手が一生懸命書いてくれたから・・・

なるほど、なるほど。

でもね、年賀状の役目をちょっと考えてみて下さい。

年末の忙しい中、皆さんが年賀状を書くのは、何のためですか?

「え~?お付き合いだから?」

「昔からずっとやってきたから?」

「なんとなく?」などなど・・・

それもあると思いますが、今の自分状態をお知らせするため ではありませんか?

だから、「自分は元気だよ!」とか「今、こんなことに興味が持っているよ。」「こんな夢に向かって頑張っているよ!」などと、書いていると思います。

ということは、皆さんの年賀状を受け取った方は、皆さんの今の状態がわかれば良い のです。

ということで、 この時点で、年賀状の本来の役目は終わり です。

 

さて、ここで質問です。

年賀状を作成する時期は年末の忙しい時期ですよね。

皆さんは年賀状を書く時、どういう気持ち で書いていますか?

中には 「なんでこんな時期に書かなきゃいけないんだな!」なんて思いながら書いている方もいるかもしれませんよね。

そんな思いで書き上げた年賀状をポストに入れた瞬間に 「これで今年のお仕事がおしまいだー」と、喜んだりしていませんか?(って、まさに私ですけどね(苦笑)

と言う事は、皆さんのお宅に届いた年賀状=もしかしたら相手もそんな思いで送っているのかもしれませんよね?(あくまでも私の憶測ですが)

 

そしてもう一つ質問です。

皆さんはお友達に 「自分が出した年賀状を取っている?」なんて聞いたことありますか?

聞いたことある人は、いないと思います。

反対に、お友達にそのようなことを聞かれた方はいらしゃいますか?

こちらもいらっしゃらないと思います。

 

と、言う事は・・・

送る私も送ってくれる相手も その後の年賀状のことなど気にしていない ということになりますよね。

と、考えると少し手放し易くなりませんか?

だからと言って、全ての方が、全ての年賀状を手放した方が良い!と言うことではありません。

今も盛んに交流がありその人の字が好き、とか 家族ぐるみのお付き合いで、子供が小さい頃から今までずっと写真付きの年賀状を取っている など、そのような特別な思いがある方のは、無理に手放す必要はありません。

ただ、社交辞令や 「これ誰だっけ?」というような年賀状であれば、手放されても良いのかな、と思います。

 

ちなみに、我が家の場合は、今年と昨年分の2年分しか取っておきません。(出してくださっている方、ごめんなさい!)

では次回は 『我が家の年賀状整理収納』について書かせていただきますので、よろしかったらそちらもご覧くださね。

 

セミナー開催情報






Photo Album

“整理収納士”小宮真理ホーム

お問い合わせはお気軽に

Copyright 2013 片付け・整理収納アドバイザー 小宮真理 All rights reserved.

ページTOPへ